どらごんどら初体験

c0102375_1575935.jpg
苗場は案外あっさりと攻略した感があるようで、また、ボーダーにいささか辟易して、2日目には「どらごんどら」にのってかぐら・みつまたに遠征。どらごんどらとは、苗場ーかぐらを結ぶ、5キロ以上のゴンドラだ。スキー場もなんか工夫をしないとと思ったのだろう。世界最長ゴンドラとのことだが、別に他の国はこんな無理やりスキー場をつなぐゴンドラなんて作らんだろうから、その地位も暫く安泰なんだろう。というわけでのってみる。平坦なのかと思ったら、突然すっとしたに落ちる感覚があったり中々スリリング。尚、高所恐怖症の方には、余りお薦めできないかも。ねーみんぐはゆーみんがつけたそうで、つい数日前までゆーみん祭り?もあったようで、なんだかんだいってこのスキー場はゆーみんとは腐れ?縁のようだ。嘗てのゆーみんふぁんを呼び戻そう計画なのか?。
c0102375_215450.jpg
かぐらみつまたスキー場は割となだらかであはったが、広々としており、更に空いており、まあソコソコには中上級者用のゲレンデもあり、苗場より案外評判よかった。
午前中は相変わらず元気良く滑れるのだが、午後はすっかり疲れて 温泉コース。そしてバスにのり、越後湯沢駅。30分ほどの自由時間に、おれんじ邸に献上すべく日本酒を購入。さっぱりわからんかったが。そしていつも行っていた安い居酒屋に行く。

交通の便が良く、移動ストレスが殆ど無しの今回のスキーツアー。行きはチャータータクシーまで用意してくれて、なんと9時には滑り始められた。幹事の手際の良さは素晴らしい。概ね満足だったが、食べ物関係で教訓2点
1.込んでいる場所は、〆の炭水化物が遅い。次回は〆ごはんを速めにオーダーすべし。
2.いい加減持ってくるお菓子の量を減らそう。
[PR]

by violatsubone | 2011-02-20 09:00 | 旅行&出張