なえぷり

c0102375_1412850.jpg
今年のFおけスキーは、ばぶ女の冬の聖地、なえぷり・・もとい苗場。幹事が苗場を提案してきたので、是非になえぷりに、とネゴッたらそうなった。最近はなえぷりも安いセットがあるのだ。
朝の苦手な私めだが、待ち合わせの電車に一番で来た。珍しい!とぐすたふ氏@幹事が全員にメールしおった。普通珍しいことをすると「雪がふるんじゃない?」「雨がふるかも」という表現が使われるが、元々雨女の私がめずらしく早起きしたということで、2日間ともとても良い天気であった!。そっか、珍しい行動を起こせば、晴れになるらしいwww。

苗場にはバブル末期に2度程行ったことがある。こぶの上で静止していたスキー始めた年と、少し上手くなって張り切ってコブを滑ってみたら転んで靭帯伸ばした頃。(その後10年くらいスキーやらず、再開したあとも、スピード恐くてすっかりチキンな奴になっていた。スキー三昧人生は5年で幕を閉じたのだった。スキー始めて5年目の私が一番上手かったのだ)
あの頃はゲレンデにガンガンゆーみんが鳴り響き、リフトは1時間待ちで、ふわふわふぁーにキンキラのジャケットに、白い細身パンツを履いたワンレンの姉ちゃんがあちこちで転んでおり、その周辺を2M板の上手いけどナンパもしたいデモパンはいたばぶる兄ちゃんが優雅にすべっていた。あの時ゴーグルなんてダサくて、皆サングラスだった。お互いにスキーウエア着てグラサンかければ3割り増し。(男性は上手くないと割り増しにはならんが、女性はとりあえず可愛いウエアをきて転んでいればよかった)へんな時代。
今でも人気あるスキー場らしいが、リフトは10分ほどだし、2M板の上手い兄ちゃんも、ワンレンの姉ちゃんもいない。その代わりに「超初級者ボーダー」というのがうじょうじょしており、コレが結構手強い。突然予測つかない行動にでるので、恐い。しかも細い迂回通路なんぞで。
KMRさんとSMちゃんの上達は目を見張るものがある。初心者って上達の段階が眼に見えるからいいよね。
c0102375_1584239.jpg
今回の幹事は体育会系、参加者も体育会系と初心者の2極だった。約3名中途半端。午前中からガンガンすべり、昼食後はお昼寝タイム。皆、睡眠不足だからね。
午後は午前よりペース落ちながらも、何となく殆どのコースすべったかな?(私は除:上級者コース)ってところで、あがり、なんと苗場にむりくり作った温泉に行く。日帰りセンターのすみっこにあるんだよね。お湯自体はまあまあちゃんと温泉していたと思う。結構空いていたしね。夜は外に食べに行き、途中で「夏に合宿していた場所」の前を各々が通った。YNさんも「FJ高時代にここに泊まったんです」と大はしゃぎだった。で、入れる店に入り、そこそこ美味しいジンギスカン料理を食べ、結構満足はした。写真は外からの風景。なえぷりの定番写真だよねー。ばぶるっぽいよねえ。でもあの頃とは全然違う雰囲気だった。。。
[PR]

by violatsubone | 2011-02-19 06:00 | 旅行&出張