ノ口妄想

熱が下がったので、もういいやとほっておいた。だって一週間休暇取得が泡と消えたし、症状が治まってからいっても仕方ない。夕方は今度はオケ練習があるので、それに向けてちょっと練習しようとおもった。しかし、気持ち悪。ちょっとパンだのを食べたが、夕方やっぱり似たような症状になった。あんな派手じゃないけど、練習中にコレが来たらさらに不味い。自分や人の楽器にふりかけるなんて惨状があったら泣くに泣けない。他人の頭にかけてもホラーだ。というわけで、休みのメールを打った。プログラム関係の補佐を頼んでいる友人から「それね、インフルじゃなくてノロとかロタじゃないの?」といわれた。ああそういえば、そういう病気も流行ってたな。自分がかかる気がしなかったので全然無関心だった。症例読んでみるとその可能性は結構高そうだが、如何せん再発症したのが夕方だったのでまたしても行きそびれたのだ。日曜の夕方だったら、もう月曜に会社の診療所いくよ。
本日はさほどの高熱ではなく、PC検索できる程度ではあったので、病気音痴の私はセコセコとしらべてみた。だってロタなんてヲタみたいな病気しらんもん。そうねえ、要するに胃腸炎よねえ。それが何のウイルスなのか良く知らんが、いつなったのかなあ。そうして潜伏期間を考えて木曜日、金曜日と食べるものを考えたら、木曜日に食べた牡蠣が一番犯人らしいな、と思った。会社で誰か腹壊してないかきいとこ。しかしどっからかの2次感染じゃないとは限らないけど・・。ネットでみても、インフルに対するタミフルのよーな即効性のある薬があるわけじゃないので、大人しくしてりゃいいんだ。かかる事よりうつす事の方が問題みたいだ。まあ同居人がいないから関係ないか。一応トイレは念入りに掃除をしておこう。で、私からうつらんようにすればいい、ノリメタンゲレ(我にふれるな)というところか。ふうん。とはいえ胃腸炎のもう一つのカップリングとしての下からはないのだが、そういうケースもあるみたいだね。たまに病気になると色々勉強になるなあ。

本棚に、ビニールかけっぱなしになっている区の便利帳というのがあった。ぱらぱら捲ってみると、
「もよりの医者紹介」なんて電話番号もあるんだ。「私にもよりの医者を紹介してください」かあ。でもS区より何となくM区の方が良さそうだしなあ。今度機会があったらM黒KS病院ものぞいてみるかなあ。

結局2日の殆どをベッドかリビングの床暖房の上で過ごし、ただただ土日を無駄にしたのであった。
[PR]

by violatsubone | 2011-01-23 17:00 | つぶやき