めずらしく上品な部の忘年会と、高校同期会の梯子

例年居酒屋ノミホか、人数が多いときは会社の契約保養施設だったりしたが、会社がその種のものを尽くうっぱらった為か、55名程度収納ということで、赤坂は3王ビルの高層階春秋にて。まあさほど高級というわけではないが、高級感漂う、と(2者の間は結構違う)しておこう。下を見るとアカサカサカスのスケートリンクが見える。かすかに人が滑っているのが見える。高そうというのか、何か思惑があるのかしらんが派遣社員がこぞってこなかったので(彼女達は常に集団で行動する。一人でも離反すると面倒なのかなあ、女の集団ってめんどくさそうだ)傾斜配分もそこそこであり、立食も前回のモツ焼より断然よかった。やはりこわもての部長が参加するとそういうことになるのか。部長は珍しくなれない笑顔をさらしていた。出向者などに久しぶりに会えて近況を聞けるので、それはそれで有意義ではある。

2次会は失礼して、電車にて(行く人達の前でタクシー乗るわけいかず)今度は外苑前の中華。「エッセンス」22時着だったが皆まっていてくれてよかった。多くて年に1,2度、久しぶりの人は、一緒に食事は20年ぶりくらい?という懐かしさだが、ふつーに入れてしまうところが、多感な高校生活(私にもそういう時期があった)特殊な寮生活を共にしていた戦友ということもあろう。2時間ほど話して盛り上がった。自宅が皆似たような方向なのよね。EびすとかAおやまとかOもさんとかSんちゃとか。今年の夏にロシアに馬乗りに行ったの、という友人Oは、馬好きが講じて馬主になったらしい。「私の馬、みて~」まるで犬か猫を紹介するように、綺麗な白馬の写真を見せてくれた。まさかマンションで馬かえないし。宝くじだかの宣伝が頭に浮かんだが、千葉の馬場に亜付けていて毎週逢いにいっているそうな。高校の友人は、皆スケールがデカイのだ。。
[PR]

by violatsubone | 2011-01-14 19:00 | 食べもん