不気味なイメージだそうな

c0102375_2521384.jpg
2月5日(土)18時開演
於:トリフォニーホール
FAF管弦楽団41回定期演奏会
指揮森口真司
シューマン 交響曲第3番「らいん」
ラフマニノフ 交響的舞曲

というのが、今回演奏回内容です。土曜の夜ってアマオケ同胞は大体練習だよねー。まあお暇な方は。

さて、前回からチラシやらプログラム係りもやってる私。とはいえ、デザインじゃなくて「如何にコストと労力を使わずにまあソコソコのものが作れるか」という事で、凝りに凝る気はまるで無い。ビジネスライクにやろうと、業者をつかいまくる。
デザイナ「今回のデザインはどんなのがいいですか」
私「ゆーちゅぶでリンクします。聴いてから イメージしてください。あ、そうそう前回のは色使いすぎた感じがします。文字に色々な色使わないほうがいいです」
そういって、ラフマニノフだけ送付。

その前に2人くらいに、ラフマニノフの色のイメージをきいたら「赤かオレンジ」とのことだったので、まあ寒い時期だから暖色系にするかな。(私は黒っぽかったのだが)。
とか思い、デザイナに追加情報
「一応暖色系がいいかなと」
デザイナ「ハイ。でも不気味なイメージですねこれ。何かネジクレタ感じです」
私「ほうほう。不気味ですか。そうですよね私もそうなんですよ。ただ舞曲なんでリズミカルなところもすこし残して」
デザイナ「音符とかがぐにゃりとまがったりして ぐちゃぐちゃになって」
私「ほうほう。いいんじゃないですか? イメージとしてははカンディンスキーのこういう感じかなあ色の雰囲気とか。ちょっとダークな赤でもいいかと」

デザイナの第一案は、音符が色々あったが、ありえない音符があったり、方向が逆だったり、と色々だったので、音符の種類なるリンクを教えてあげて、「ちなみにト音記号があるなら、ハ音記号ってのもあります」と教えてやったが、デザイン的に彼のお気に召さなかったようで、無視された。

不気味というより、ちょっとクリスマスか、中華っぽかったか。
[PR]

by violatsubone | 2011-01-12 02:50 | おけすとら