おばあさんを投げ飛ばした

出かけようと、ホームで電車を待っていた。いつもの場所じゃない、もう少し後ろの方。私の横におばあさんがいた。私は携帯のナビタイムで時間をしらべていた。江戸川橋から徒歩8分と飯田橋から徒歩13分と後楽園から徒歩10分のどのコースを取るべきか。頭の中はそれだけだった。南北線直通の電車が来た。携帯によると、乗り換えて江戸川橋に付く時間は飯田橋よりも9分遅い。というと8+9で17分なので、飯田橋が良いか。。とか。私が電車にのると、おばあさんもふらふらと入り口に近づいた。当然載るのだろうと思っていると、あろうことかホームドア(電車とホームの間のドア)の間に入り込んでしまった。え?だってそこにいると電車が発車した時巻き込まれますけど。
「お婆さん、何やってるんですか。出てくださいよ」と引っ張ったが凄い力でついたてに捕まっている。私はなんだか良く判らないけど、兎に角この電車にのらないと演奏会ギリギリだし、という思いで、電車の中からおばあさんをひっぱった。でも捕まっている。
ドアが閉まった。おばあさんは電車とホームの間。眼の前でこのばあさん巻き込まれて死ぬの観るのは嫌だ。ホームには駅員がいない。
駅員がいなくても、違和感あると空くのか、またドアがあいた。でもおばあさんは動かない。駅員も来ない。今度こそとおもって「お婆さん 出なさいっ!」と思い切りひっぱったら、ホームにすっころんでしまった。ホームにいた女性が大慌てで駅員を呼んできてくれた。その間電車は止まっており、でも、私は車両の中から出なかった。おばあさんは呆然してしりもちをついたままだった。ちょっと私が投げ飛ばした時に頭うったかも。駅員が走ってきて、おばあさんを保護した。しばらくして電車は発車した。

駅に降りて、投げ飛ばした事謝るべきとか、駅員といっしょにおばあさんを観てあげるべきとも思ったけれど、死ななかったら別にいいや、とそのまま席に着いた。駅員を呼びに行った女性は偉いなあ。あの人は電車のらなかったものなあ。でも席についている人達だって誰も動かなかったんだから私を非難する資格ないわよ、と、しらんぷりして。別に非難されてもどうってことないけど。
ちょっとボケていて放浪癖がある人なんだろうが、電車とホームの間に入り込もうとしたのは、ぼけながらも自殺しようとしたのかな。家族は大変だな。にしてもワンマン運転というかホームに駅員がいないというのも、こわいものだな。ホームドアがあるから安心と思ったが、思わぬことをする人もいるんだな。ちょっとびっくりしたので、忘れない内に記録しておいた。この日の演奏会感想は、多分10日後くらいか。
[PR]

by violatsubone | 2010-11-23 12:44 | つぶやき