委員会と練習

昼間はオケの会議@M下。縮小版は何とか回避させたが、とりあえずこっちは出席せねばならない。この会議にいくと、どーも自分がれんぽーになった気分になる。さてさて、Y子の会を開催しなくちゃ。
いつもこんなに長い時間会議するのかよ、と思うけど時間ギリギリになる。

同じ場所で練習をするわけではなくて、今日は芸劇に移動。
ここでの練習って、、一度やったことがあるのはFオケじゃなかったっけ?。

芸劇の近所に案外小腹を満たす軽食やってない。飲み屋ばかりで。小説IWGPでは、良く芸劇エスカレーター下のカフェが使われていたけど、殆ど何もなさげだし。ということで、大挙してMcdに寄った。3人分1000円というお得なセットがあったので、その辺にいた3人に反強制的に買わせた。

M田先生の弦分奏。似たようなブログを書いてらっしゃるMNMN先生とM田先生。体型も酷似しているが、横から観察するに、腹回りはやはりM田先生に一日の長があるようだ。
それにしてもM田先生の分奏は楽しい。先生のイメージする悠久なるライン河の様な、豊かで澄んだ音というのが難しくて、隅田川とか言われる。五反田付近の目黒川かも・・とぼそっと思う。しかし私の記憶が確かなら、ライン河って豊かで澄んでは消してない。ちょっと水量の多い隅田川だ。シューマンが住んでいた直ぐ近所にうちの両親も住んでいたので、飛び込んだ橋を車で往復もしていたが、あの曲のイメージとはちと違うような。。水、茶色だし。まあそういうつっこみはさておき、音を止まらせない、岸につくまで流れは止まらない、といった要求する音楽の雰囲気はわかる。追いつかない技術で弾きつつも、最後は皆の音が欧州の河っぽくなった?!M田さんの弦分奏はビフォアアフターがはっきり違いがわかるので、もう少し定期的にやっていただいたらF桶弦も方向性があってきて精度たかまるかもなーなんて思いつつも、やはり色々制約もあるわけで。今回バイオリンの出席率は悪いわけではなかったが、それで、この人数だからなあ。
[PR]

by violatsubone | 2010-10-31 13:00 | おけすとら