○の内恨みしxらん 婆若カウダ

c0102375_2371298.jpg
流行のバーニャ・カウダ。野菜が熱い風呂に漬かる?いつかはこのポットを買って自宅でもやりたいと思いつつ踏み切れないのは近所のスーパーは野菜がイマイチだからだ。生野菜をつけるわけだから、まずもって野菜が美味しい事がこの前菜の最低必要条件なのだ。

しかるに、弊社が入っているビルのB1にある痛飯屋。でてきた野菜がもう干からびている。この枯れ加減はツボネへの嫌がらせか、と思った。野菜の風味も無ければ、つけるべきソースがこれまた少ししかない。昼だから勿論ポットでぐつぐつというわけでもなく、市販品のソースと同じ位不味かった。最近、イタリアンに行くと直ぐ食べたくなるこのニンニクとアンチョビソースにつけた野菜スティック、ここのは文句無くワーストだった。
[PR]

by violatsubone | 2010-10-26 12:50 | 食べもん