リカルダの知り合い

そうそう、この日のオケ練で書くこと思い出した。

M口先生は映画好きだ。踊ル大捜査線を止むに止まれぬ状況で観て憤慨したとかおっしゃっていたが、ふつーの人はやること無いからといってレイトショーなんてみないものだ。この日の映画トークは、「ジェームズ・キャメロンはターミネーターを書いている時、ずっと頭に『火星』がなってたんだそうだ」とのこと。そういえばあの映画音楽、SWと共にかなり印象深いものだけど、冒頭のダッダダッダ、ダッダダッダには確かに火星の影響ありますね。作曲者は別の人なので、キャメロンが指示したんでしょうかね。ちなみに私は大ヒットしたT2も好きだが、一番最初の、B級感も漂い、人がバンバンぶっ殺される最初のターミネーターがより好きだ。あの無表情・無感情なシュワちゃんの存在感は、凄い。ついでにオールXードも拝めるが、逆三角形とはこの事だ、と思わせるすんごい体だった。SFドラマとしても意外性もあった。尚、T3以降は観ていない。またまた話がそれるが、火星に影響を受けた、ターミネーターとSWの一作目の共通点といえば、ヒーロー役の人気がイマイチで、適役とかライバル?役の方が人気だったってことだわね。マイケル・ビーンとマーク・ハミル、なんだかだわ。

もう一つ。弦楽器マニアで、この楽器はxx型で何年に何処で作られたもの、なんてワインみたいに嬉しそうに語るFオケY沢さんのお友達は、クレモナで楽器を作っている人だった。その方が帰国して、見学にいらしていた。中々キリリとした人だった。彼に私のヴィオラを見せて、「リカルダ・ダクァティいうんです」といったら、「あ、知ってます。この人、以前向かいに住んでましたよ。クラリネット吹いているんですよねー。」とのことだった。わお、なんだか親近感湧いてきたリッカルダ。いつかクレモナに行って、たずねてみよう。
[PR]

by violatsubone | 2010-07-31 18:00 | おけすとら