つぼめん の目出度い日

c0102375_133739.jpg
美容師に思い切り盛り髪にされた後、銀座に出向く。本日はFオケでんでんむし奏者、静かな微笑を浮かべながら案外ブラックな発言をする”つぼめん”しんちゃんの結婚披露パーティ。Fオケフリーなアラフォーどもと遊びながらも着々と結婚準備を整えておったということで、ただ騒いでいるだけの他の連中とは違う。今年はFオケアラフォーが突如狂い咲きしたかのように春爛漫になった年だ。5月にはコンバス奏者が他オケコンバス奏者、10月にもFコンバス奏者とFびよら奏者、11月にはFびよら奏者とFちぇろ奏者。全員ではないが、少なくとも片方はアラフォーだ。いやはや。
数年前に一回り下の会社部下の結婚式に出て依頼なので、久しぶりのフォーマルパーティだ。しかしついてみると半分はFオケで、どちらかつうとセミフォーマルで、やや洒落な呑み会とかわらん気もした。髪の毛盛り盛りの私は「気合はいってますね」と笑われた。長年行ってないから披露宴と勘違いしたのよー(-_-;)。主役の2人が登場。しんちゃんは相変わらず緊張しているのかリラックスしているのか不明だ。奥様の肌が物凄く綺麗だった。ええのう白い肌。ホルンやピアノや山登り等、複数の趣味が一致しているようだった。でもカーテンの趣味は違うということだった。しんちゃんの好みなオレンジのカーテンってどんなんだろう?
c0102375_122371.jpg
パーティ会場のKIHACHIの本店が銀座とは知らなかった。若い頃青山店には何回か行った事あるなあ。最近ではパティシエが結構あちこちに(東OSIMAにまで!)みられる。クラシカルな作りの店だ。立食で、最初にオードブルが綺麗だったので飛びついたがはたと思った。メインには絶対アレがあるからその分は空けておかねばならない。立食にはコストに応じて様々なものがでてくるが、まず突進すべきは「寿司」と「ローストビーフ」なのだ。ここはイタリアンとフレンチの間みたいなもんだから寿司は出ないだろう。しからば肉だ。メインで出てきたローストビーフ、これが蕩けそうに柔かくて美味い。スジがないので箸でも切れそうだ。肉自体の味わいもある。メインは他の料理に見向きもせずビーフを何枚かほおばった。盛り髪とは不釣合いな食欲であった。
FオケゴールデントリオのDKST2のゴールドベルグは、音響にやや難があったものの、見事に調和のとれた演奏であった。ホルンホルンホルンホルン・・・のアンサンブルもいかにもしんちゃん編曲といった凝ったものだったが素晴らしかった。いや久々に新鮮なものだった。

その後いつものっぽい飲み屋で2次会をし、べっちと私はサッカーの試合に合わせて帰ったが、今宵は一緒に見ることはなかった。アルゼンチンとドイツ。友情は終わったのだ。大急ぎで自宅にかえってTVをつけたら既にアルゼンチンは1点を取られており、あれよあれよという間に4点取られ、マラドーナは今にも泣き出しそうで選手交代すらせずに、本当に何も出来ないまま、メッシとともに南アを去った。やっぱり個人を中心に組んだチームでは、上に行くには限界があるということだろう。惨状を嘆く前に、どっかの表現にあったが「若鮎の如き」フレッシュドイツのワープしたのかと錯覚するような速攻カウンターが見事で、もうこれは完敗としかいいようがなかった。まあしかし、ゴールは決めていないけれどメッシは凄かった。ボールが足に吸い付いているようだ。代表選手たちが常日頃一緒にプレイしているバルサの選手と同じ様にはいかなかったってところかな。まあ4戦の内、録画含め3戦みられたからいいかな。マラドーナも楽しませてくれたし。
で、この日からスペインを応援することにした。27時半からの試合には無事勝ってくれてよかったが、なんかギリギリな雰囲気だった。大丈夫かなあ
[PR]

by violatsubone | 2010-07-03 18:00 | おけすとら