Lesson93 師匠、G友のデブデを貸してくれる

月曜日のレスンは避けようとは思っていたんだ。前日どうせ呑みに行くので練習できないし。じゃあ呑みに行かなきゃいいじゃん。そうなんだけど・・・(-_-;)。

まあ今回は新曲がなかった。その割に「うーん先週の方がまだ弾けてた?」てな感じであった。譜面面は優しいのに、歌うという多彩な表現が出来ないので素敵な曲が素っ気無さすぎるだと。もう一つの重音はスピードあげると重音ポジション移動の指がバタバタして弦からずれたりしちゃうのだった。ぷひ、とか変な音がしてしまう。師匠が抑えると全然隙間がないのはそりゃまあ指の太さが私の倍はあるからなんだけど、安定して簡単そうに弾くんだよなあ。。

「おい、いいものを貸してやろう」
といって取り出したるはG友デブデ。誰かが持ってきたそうだ。
「俺は聴きにいったんだぜ、なんでわざわざこれで観なきゃならんのだよ」
なんていいつつ。勿論封は開けてあった。
しかし、出来上がるの早いなあ。Fオケのデブデもつい最近もらったので、同じティルの比較が出来そうだ♪
[PR]

by violatsubone | 2010-05-24 20:00 | ビオラレッスン