ちゃべったー

世界中の社会現象にまでなっている人のつぶやき。ビジネスに利用!だの、なんだかよくわからない事になっている。以前、情報系の部署につとめていて起業してやめた同期と久しぶりに飲んだら、そのつぶやきが楽しい楽しいといって当然アイフォンで指をつつっと動かして見せてくれた。「ほら俺がつぶやくと、こうやって返事がきて・・」
ネットなどはやらないツボネ同期が、
「六本木のイタリアンなう?!。so what?!。あんたのつぶやきに対する返事はそれしかないわ」
「お前ね、それいっちゃ今の世の中お仕舞なの。ほら、ダースベイダーもフォローしてるんだよ。ダースベイダーが定期的に映画のセリフつぶやくんだ」
「SO WHAT!!??」
「あたしミクシのなかのボイスとかいうやつ、正直うざったくて余り見ないよ。でさあ、つぶやいている人達は何が楽しいの」
「有名人が自分のフォローしてくれるっつうのが最高の栄誉だな」
「・・・・繋がっている世の中ってそういうことなんだ。。。ふーん」

とりあえず時代遅れの(そしてさらに日付遅れの)ブログなんて書いている私は、つぶやきが瞬時に世界中に広がるほどのスピード感にはついていけない。で、他人のつぶやきって正直文章ほどには面白いと思わない、ファンな芸能人がつぶやいていれば、彼が「といれなう」といったところで興奮するのかもしれないが、今だかつて追っかけるほどファンになったことが無い。

で、まあそのうち興味がでたらね、ということで、未だに長い文章をだらだら書いているほうが趣味なので、あそこには投稿していない。でも先日アカウントだけはとった。一人だけフォローしてみたい人がいたからである。誰か。

ベネズエラ大統領のちゃべす君だ。
4月末の記事で、ついったーを開始して革命を呼びかけるという新聞記事があった。
独裁者=おやまの大将つうのは大体やることなすこと子供っぽいのだが、このおっさんのガキ大将ぶり面白すぎる。米国に下手な喧嘩売っているところがまた興味深いわけよね。しかも中東とかの様なテロではなくて、本当に子供の喧嘩みたいなもんだし。今や25万人ほどフォローしているそうだが、まあ私のようなアホが24万人じゃないかとは思う。コメントも殺到しており、そのために200人の返信対応部隊が新たに雇用されたそうだ。私もスペイン語の呟きが全部わかるわけじゃなく、耳の方が覚えていたりするので一旦声に出してつぶやいてからナットクしたり、辞書を引きつつ読んだりなので、まあスペイン語のお勉強?!みたいなところも半分ある。まあブラジルなうとかドミニカなうとか全国民元気かね的な、あとは石油プロジェクトで日本含めいろんな国が投資しているぞビバベネズエラみたいな まあ わりかしふつーの、威勢のよいさえずり。字数制限が
あるために演説よりよいかも?革命同士ったって、25万人みていりゃ危険な発言も出来ないし、連絡だって邪魔するだろうよ。(革命同士なりすまし なんつーのがでてくるわけで) ま、とにかく私はスペイン語のべんきょ?。今の部署じゃ全然使わないしなあ。

きうばもそうだけど、こういう国って実は文化芸術は国を挙げて支援するので優れていたりする。音楽仲間には注目のシモン・ボリバル・オケもあるしね。

そのほかにハマコーもちょっとフォローしてみたけどしゃべりすぎでうざったくてやめた。私がここでつぶやいたり、一般の知り合いのをフォローしたりする予定は、今のところは無い。
[PR]

by violatsubone | 2010-05-07 00:27 | つぶやき