新シーズン、すたあと

c0102375_13235176.jpg
今年も定期新シーズン開始。ギリギリに金支払った両オケ。ファックスを送って初めて更新確認、何もせずとチケットが来るT響(後払)と、変更や退会依頼を出さないと自動的に同じ席で更新となるが、金をはらわんとチケットがこない(前払)Y響。色々対比すると面白い。ちなみにT響は金払い忘れて一度催促が来たことがある(-_-;)(-_-;)。しかし、私の様な怠惰な人間や、物忘れの激しい老人にはどちらの方式がいいのか。対企業では前払いなんてありえないけど、チケットが来れば更新しなくちゃねーってことで振り込むかもしれない。案外、前払いの方が、更新率が高いのかも?いずれにしてもどちらも、更新ということになっているが払わないしこない客(Yケース)、チケット送ったのに金はらわんままきている客(Tケース)と、会員管理は大変なんだろうな。ちなみに知り合いに限りますが、会員経由で抑えると若干割引になるので御用の際は「早めに」御一報→赤いCD売りに告ぐ。(Yの場合は知り合い経由。Tの場合はうちの会社経由でも割引になる)
ちなみに、T響は9回、Y響は11回あるので、ぼーっとしていて曲すらしらなくても20回は演奏会に行ける。曲よりも、その日会社をどうやって早くでるかという工作にエネルギー使う。ボケタクシーリスクも考慮せねばならぬので少し余裕を持ってでなくてはならないと言う教訓も得た。
ところで何で私が曲をわからんかというと、チケットに曲名が書いていないからだ。アマオケは書いてあるじゃないかー。やっぱり色々変更リスクがあるので最小限の情報しか載せないのかな?。予定表(ブラックベリ。書き込みは会社のPC経由の方が楽・・)に曲名書くのは面倒なのでチケット入れに両団の定期曲目一覧コピーを入れておくことにしよっと。うん、進歩だ。
[PR]

by violatsubone | 2010-04-15 01:00 | 音楽鑑賞