CD取替えばや物語

寅仲間のY沢さんに無事ヴァントのブル5CDを貸した私。さて、そろそろ「惑星」のCDでも携帯機器にDLしよっかなと、PCのCD入れを空けた。CDがいれっぱなしだった。

Bruckner ・Nr5・GUNTERWAND の字が眼に飛び込んできた。

なんでやねん!私はこのおっさんのCDは1枚しかもっていなくて、そのCDは貸したはず。土曜日に持っていくねと言ったのだが直前に思い出して、確かリビングのCDプレーヤーに入れてたのを取り出してケースにいれて、CDのブルックナー、5番という文字を確認して・・。
非常に悪い予感がして、リビングのプレーヤーの前に戻った。CDは普段PCや本を置いてある「空けないでの間」@小さな書斎に詰め込んで有るが、最近聴いたものはその周辺においてある。直ぐ横に置いてあるCDケースをあけたら案の定空だった。
ヴァントのCDケースに、別の指揮者のブル5を入れてしまったのだ。レーグナーとかいう私の知らない指揮者。というより買うつもりが無かったが、ショップのブル5コーナーで色々な指揮者のを見ていたり所要時間をみていたりしたら、棚に返すの忘れて持ちっぱなしで、レジにいって、他の5,6枚と一緒に精算しちゃったものだった。あたしなんでこんなの買ったんだろうと。試しに聴いてみたら、いやにあっさりすっきり、4楽章は20分ジャストで、モーツァルトの様な軽快さ、こりゃもてない男の咆哮じゃないなあ、ちょっと調子の良いブルックナーだなあと思って、G友のやりたいこととも違うしということで、暫く聴いてもいなかった。つい先日たまには聴いてみるかとセッティングしたけど、そのままになってたのかなあ。。

やば、気が付いたかな? 慌ててメールしてみた《続く
[PR]

by violatsubone | 2010-02-22 23:30 | 音楽鑑賞