スキー打ち上げ呑み会で冬季五輪新種目を考える


c0102375_3391128.jpgFオケスキーのあとの呑み会をしようということで集まった。日本の韓国新大久保にて。ここも道路歩くと日本語が聞こえないのはある意味六本木と同類。アジアの都市にありがちな猥雑な雰囲気のある所だ。何で韓国かというと、次のスキーツアー候補地に挙がっていた?からだという。まあその案自体はつぶれたが、焼肉を韓国に食べに行くツアーはするらしい。私自身は韓国の国民性も言語も文化もそして韓流も好きじゃないので、自分で進んで行こうとはおもわんが、わいわいと冷かしに行くならいいかもね。で、スキー自体は来年は北海道案2が有力らしい。スキーしない子を連れて行くのが幹事の狙いだしww

暇人なのか大人の仕事分配なのか不明だが、スキーツアー参加者全員が集まった(13人)という呑み会。KMRさんも参加された。スキー話題は次回開催地を決め?て終了、あとは適当に無駄話となる。奥席の我々(Sむね、らいあー、りで、KMRさん、私)はオリンピック話をしたが、勿論日本選手がどうのという一般的な盛り上がりではなく、「冬季競技の起源」について論じ合った。(大体こういう似非アカデミックな話題を持ち出すのはらいあー先生に決まってる)スケルトンは誰かが氷の坂道を転んで滑ったことという失敗から生まれた化学の発明みたいな発端ではないのか。ジャンプはフィヨルドに済む人がで隣の家に遊びに行くのに、谷をジャンプしなけりゃいけなかったからじゃないか。隣が地続きなら、滑降。もっと簡単に、足から滑り降りてボブスレーが出来て、足から滑ろうと思って間違えて頭からすべっちゃったらスケルトンになったのでは。隣の家にお土産を持っていかなくちゃという時には猟をするのでバイアスロン。隣の家は客を出迎えるので掃除しなくちゃでカーリングだ。ところでうちのルンバはカーリングの石ににている。まあカバーできていない競技は色々あるが、では、今後新しい競技は何がいいか?「やっぱり犬ぞリでしょ」「しかし犬を使うとなると動物愛護団体がうるさいぞ」「犬に関しては特にうるさいからな」「冬季ならトナカイでしょ」「トナカイがいる国が限られるから、確保が難しいな。乱獲になりそれももんだい」うーむ、と新案がとだえたところで、流石音楽家の発想は違う。KMRさんがにっこり笑って曰く。「人ぞリ!」。さすがの悪知恵らいあーも眼をぱちくり。「人、ですか、それは斬新ですな。」「騎馬戦みたいなの?」「いえ、鞭でぴしっと」「KMRさん、それは色々社会的に問題です。そりを何人かがスケートで引っ張るみたいなのが無難かと」「では今この場で日本人ぞリ協会(JMSF)を作れば会長ですよ。あとは政治力です。」
KMRさんも、やっぱりちょっと宇宙系?。
[PR]

by violatsubone | 2010-02-17 20:00 | 食べもん