G友 & おりんぴっく開催

冬季五輪とワールドカップとヨーロッパ選手権(サッカー)の時の私の夜中はテレビ観戦なのでブログどころではなくなる。日頃から熱心にスポーツ観戦するわけじゃないにわかファンを4年に1度繰り返している。北米大陸だと時差間逆だからなあ、ヨーロッパで行われるより見る時間がキツイすね。夜中26,27時くらいの放映は見られるけど、朝は土日だって無理(笑)。日本人選手の順位より世界の選手(そして世界のイケメン)ウォッチが趣味で、アルペン系が好きな私は、アルペン系のテレビ放映が少なくて残念。カーリング面白いけど一試合見るの時間かかるし、スピードスケートはあの格好と足の筋肉モリモリのスタイルがひいちゃうのだ。K国とかC国とかの選手が強いから面白くないし。しかし日本のウエアの派手さはびびった。

開会式の金をかけた「自国宣伝」ショーには全く興味ないのだが、選手入場だけは面白いので、びよらさらいながらテレビつけておく。そういえばFオケのずっきー氏は、土曜ワイド劇場のような2時間ドラマとかみながらでもさらえるらしい。すげーな。

本日の練習は豊洲、知っているところは嬉しいね。2週連続で4楽章。以降オリンピックの所為で個人練習の時間取りに危惧が見えるのであるが、しかし疲れる曲だ。如何に疲れないように弾くかがこのクロスカントリーの最後にモーグルしなきゃならん様な4楽章のポイントだわとつくづく思う。しかし今のところ2楽章づつしか練習していないが、通しで持つのであろうか(このオケ自体はブルックナーに関しては安定していると思う、ので、ティルですね)。本番も隣で弾く事になったおじさんがびよらに紐つなげて首からぶら下げているのにびっくりした。昔ギターやってたんだろうか。

ここのオケは本番後1週間なしでまた次の週から毎週練習あるらしい。毎回物凄く難しい曲をこなしていくには、そのくらいの練習量が必要というわけだ。Fオケはオフが長いのが利点でもあるけれど、ちょっと練習期間の割りに、そして何故か(弦及び木管の)実力を過信している感のある幹部がトゥーマッチな選曲をする傾向が多いので、お隣で、けして達者ではないけれど、きっと練習を全出席して地道にさらっている結果が出せているおじさんたちをみて、アマチュアってこのくらい練習しないとダメなんだよねえ、と思ってしまった日であった。
[PR]

by violatsubone | 2010-02-13 18:00 | おけすとら