やたろー君

日曜日の大河ドラマの話をどうして平日に載せるかと言うと、大体録画して平日の深夜にみるから。
今度の大河ドラマの副主役やたろー君は弊社グループの創設者ということで、昨年からグループ誌や社内誌でも特集したり、最近は研修でもこのご一家の歴史なんぞを学ぶ時間もあったりと、なにやらバックアップでもしているのかと思うくらいにグループ内ではしゃいでいる。おっさんたちの呑み会での話題になったりもする。私含め、録音でも初回放送を観た人、弊社内視聴率はきっと50%以上ではないかと思う。「司馬の本だと小役人って感じで思いいれ出来ないけど、今度の大河ドラマでは一種進行役だからなー」「きっともう少し違うやたろーがみられるかもなあ」
で、最初のシーンでは、ほーそっくりじゃないか、”坂崎紫らん”にインタビューってのはマニア受けする展開だねえとか見ていたが。。。

なんだあの鳥かご背負ったここまで臭ってきそうに小汚い男はorz

弊社のウォッチャー達は皆 これが偉大なる創始者さまかよ、と思ったろう。汚いだけならいいが、
手形偽造!今なら文書偽造は即刻懲戒解雇だ。とほほ。創始者様。。。これからどのくらいコンプライアンス違反をしてくれるのやら。

まあ、そういった会社内でのつっこみは置いておいて、天然ぶり炸裂の竜馬、高知県民は憤慨しているという話も聞くけど、中々可愛らしくてよろしいのでは。とゆーか、役者としては兎も角、単純にたたずまいとか見た目という点で、福山って端正だなあとつくづく思う。

ところで、番組放送に伴い、これも復刻したという。「りょうまくん」。うふ、キュートだ。ところで~いかんぜよ、という土佐弁、どうしてもりょうまくんじゃなくて、「なめたらいかんぜよ」を真っ先に思い浮かべてしまふ。
[PR]

by violatsubone | 2010-01-15 23:59 | 映画/TV