実家のるんば

c0102375_3241752.jpg
帰省。といっても1時間。両祖父母(全て故人)ともに東京なもので、幼少期から「田舎に帰る」という感覚が無い。実家はずっと川崎市だったので子供時代は祖父母宅の方が都会だったりした。夏休みの絵日記には困ったもんだった。なので「お盆ラッシュ」「年末年始の大渋滞」なるものを経験したことが無い。大変だなあと思ふ。ところで、年末は1000円サービス無かったので道路渋滞なかたとか。皆行動が極端すぎて面白い。
そうそう小売業界に聞いたところ、今年は帰省者が少なくて、年末年始の都心のスーパー売り上げはソコソコだけど、地方のスーパー売り上げは落ち込みが激しかったらしい。
年末の買い物したいので荷物持ちしろというので新宿はKOデパトにて待ち合わせした。まっすぐ歩けない程大混雑デパ地下。やっぱり巣篭もりなんだわね。買い物好き母ゆずり。確か先月体調壊したと聞いたがどこが悪いのかさっぱりわからんほど張り切って鮪のはかり売りの前に張り付いている。混んでいる食料売り場なんて私は殆ど行かないのでこっちが疲れたわ。

実家には、かつて3人と2匹が住んでいた。祖母と猫2匹が他界して、今は2人きり。1人と2匹の写真だけが飾ってある。がらんと広い。猫をからかえないのでつまらない。実はこのマンションはペット禁止だった。ここに越す前の一軒家で飼っていた者だからこっそり持ってきて、鳴き声でばれてからも管理人と交渉したらしい。しかし新規では飼えない。「あなたが飼ってよ」と母が言うが、土日ですらも留守勝ちな私にペットは無理だ。だいたいそれを口実に親や姪が遊びに来る様になると面倒だしな。

その代わりというわけでもないが、母の誕生日にとるんばを買ってやった。掃除機は腰に悪いので重宝しているという。実家るんばは私の家のよりもハイグレード版。部屋なびげーしょんが付いていて、この部屋に行けとか誘導できるらしい。しかし実家は無駄に広いので、途中でバッテリー切れになったり、ヘロヘロになって帰ってきたりする。(るんばは掃除が終わるとバッテリーケースに自分でちゃんと戻る帰巣機能がある)設計は米国なのに、バッテリの持ちは日本家仕様なのか?

紅白をとりあえずみて、東フィルのじるべすたこんさとみて、ヤマトのCMにびっくりして、年が明けた。
[PR]

by violatsubone | 2009-12-31 23:59 | つぶやき