1年ぶりのチビ、身の程知らずの寅

リカルドがドックに入っている間、本日から4日迄。大掃除だの実家帰宅などしていれば楽器も弾かないだろう、レスンは8日だし、Fオケの次の演奏会は8月末だしなんだか色々あるらしくまだ曲が決まってない。何が起こってるんだかもよくわからん。別に判ったところで何が出来るわけでも無いので、ほっておく。
というわけで次の曲も決まらないので、のんびりレスンをやっているかね、といったところだった。
その合間を縫ったように、先日JILLさんからメールをいただいた。
「G友に乗って下さい」
Fオケとティルはかぶっている。あとはブル5.ブルックナーは4番しかやったことが無い。ブル5は前の桶で弾く予定になっていたためスコアだけは持っていたが、諸事情あってFオケに移ったので、弾き損ねたな、という気はあった。しかし、金を払って乗る一発団員ならいい、寅だという。寅というのは、普通団員の手伝いで団員より上手な人がいくもんだ。団員は金を払うが寅は払わないからだ。JILLさんは読者なので私の劣等生ぶりは読んでいただいていると思うが実際一緒に弾いたことは無いはず。断らなくちゃ。ばしっと断れ。
通常なら断る。だって相手は海外公演までしているG友だ。びよらで上手い人なんて山ほどいる。土曜の夜だから、Dオケでかぶっているどしゅには振れないとしても、じゃあぐっぴに振ろう。
「つうさん含めて2人来てくれると嬉しいです」
うーうーだから私は下手だから・・・、でも・・・。8月末までオケ無いのもつまらない。曲が決まっていればそんなことも考えなかったのだろう。それにJILLさんのコンミス振りも見てみたいし、ちょっと他のオケ状況も見てみたいし、1月はじめの練習は師匠が振る!。これにも興味ありあり。現在はG大トレーナーだったが私が大學の頃はまだトレーナーには着任しておらず、従い、私は師匠がオケを教えている様子を見たことが無い。ブル5もスコアだけ持っているという状況だったし、とまた意志の弱い、楽しそうなことにはフラフラと行ってしまう情けない癖が抜けていないのだ。二つ返事で受けてしまった。
c0102375_325236.jpg
本日譜面が届く。23ページ。流石に長いな。しかし寅つうのは製本もしてくれるし、弓も、注意事項もばっちり書いてあるし、良いもんだな。私がパトリの時は寅の人にこんな綺麗な譜面は渡せなかったわ。。
最終ページ。なんつうかブルックナーっぽい。刻み刻み刻みというのはこのページくらいであとはタッタタッタタッタタッタのリズムが多いのだが、なんとゆーても臨時記号の多さ。ローラで(キーボード)音確認を何度もし無いと良く判らん。

4日迄弾かないわけに行かないので、1年ぶりにチビを取り出す。たるんだ弦を張りなおし、駒の位置を直して(でもきっと未だ傾いている気がする)久しぶりに弾いてみる。

・・・おもちゃを弾いているのかと思った。音が全然鳴らない。しかし愕然とするほど響かない。こんなに違っただろうか。いや、1年ほっておいたから、こんなになってしまったのか?。指の間も少し違うので、音程も取りにくい。弓などは1年半ぶりなので、こちらも軽くて逆に扱いにくい。

鳴らなくなってしまったのかもしれない。そう思うとチビが不憫になった。4日にリカルドを受け取ると、私はまたこの子を弾かなくなる。今更お金なんて要らない、ただでもいいから、誰か弾いてくれる人のところにあげたい。師匠にいったら引き取ってくれないかな。1年に2,3日弾くだけなんて可哀相だ。誰かこの子を可愛がってあげられる人はいないかしら・・。
[PR]

by violatsubone | 2009-12-28 22:00 | おけすとら