Being Gidon Kremer !

Y-ちうぶの密かなスター、イグデスマン&ジューと、天下のギドン・クレーメルと、クレーメルが美女と垢抜けない男を集めたクレメラータバルティカのコラボつう、豪華で面白い超絶技巧抱腹絶倒のコンサートに、親愛なるネタ友達と行った。ううう演奏会前は記事のアップが一層おそくなるので、百聞は一見にしかずということでこちらをみておいてちょうだいませ!!。


(追記)
2年以上前か、ラフマニノフの手はデカイという映像を偶然見かけ日記にぼそりと書いたのは。それからY-TUBEで探すと変な映像が色々出てきて、「モーツァルトと007のミックス」とか「リバーダンスしながらバヨリン」とか「ばよりんとピアノでここまで芸が出来るこの不思議な2人組は気になっていた。それからかなりたって、ぐっぴだか宅配だかがお薦めのデブデだといって、鑑賞会したのがつい最近。PCで見つけられなかったまた色々な芸がでてきた。
彼ら二人は音楽学校で教育をうけ楽器の腕前はかなりのもの。(そうでないとこんな遊びで笑いをとれない)
音楽演奏体験があればあるほど、腕前の凄さと、芸の奇抜さに度肝抜かれるのである。
今回の演奏会情報もぐっぴが仕入れてきて、鑑賞会で爆笑した連中で1万円払って観に行った。
彼らだけではなく、ギドン・クレーメルと、クレメラータバルティカも共演するわけで、クレーメル目当てに来た人の方が多かったかもしれない(たねぞうとか)。新しいもの好きなクレーメルは彼らの大ファンで、子飼のバルティカ共々芸に参加しようという試み。クレーメル&バルティカに関しても鑑賞会で鑑賞済。バルト3国の若者を集めた集団なんだが、クレーメルは採用の際に楽器の腕前だけじゃなくて顔でとったなと思わせる程美人奏者が多い。で、男性はたいしていけてない。じいさん、好き放題だなーなんて思いながらデブデ観た記憶あり。
何しろクレーメルも、バルティカも合わせて芸をするのがすごい。予告編でもでているように、リバーダンスを踊りながらのバイオリン演奏、お互いの楽器を自分の弓で弾いたり、弓を固定して楽器を上下させたり、そんなんで音がなるのかと思わせる技で正確に弾ききる!おそろしい連中である。これを一生懸命さらったんだと思うとさらに恐ろしいとおもう。(練習風景を想像してみたまへ)
日本人観客向けにも色々工夫された舞台だった。解説は日本語になっており、イグデスマンたちも片言日本語を話して笑わせる。
秀逸は携帯電話の着信メロディー。NOKIAの着信音をモーツァルト風、ブラームス風、最後にシェーンベルグ風にアレンジ。シェーンベルグだ、と聴くだけで期待で笑ってしまう観客はやはりクラシックファンが多いわけだ。「リモートコントロール」という芸は「次は、メンデルスゾーン、あ、違うモーツアルト」「ベルクがいい」「ベートーヴェン」「ベルク!」とか二人が言い合ってリモコン押すふりをすると、バルティカが器用に数秒毎にその演奏家の音楽を演奏する。これ譜面つぎはぎにしてるんだよねー。これ、凄いすよ。

ちゃんと、クレーメル自身のバイオリンも楽しめる企画になっている。まあ彼を立てるため、イグデスマンたちはどちらかというと脇役にまわった感じかな?。クレーメル目当ての人も(かなり面食らうだろうが)楽しめる内容になっている。ピアソラは勿論、プロコのばよりんソナタ、ベートーヴェンばよりんコンチェルトのシュニトケによるカデンツァとか、クレーメルの十八番も堪能できる。最後はクレーメル&バルティカでマーラーの10番。感動的な演奏だった。

映画音楽も沢山、最初は「マレーナ」、最後にフェリーニの8と1/2、BeingGidonKremerというのは、ジョンマルコビッチの映画「Being John Malkovich」からとったもの。りえびさんくらいしかわからないかな?
物凄い色々な曲をやって、その曲がロビー張り出されていたのでみな一斉に携帯カメラで撮影、「うまくうつらねーよ」というざわめきが聞こえる。
「ふつうにメモしたほうが早いのに」とらいあー君がぼやいたとおり、カメラじゃ全部とりきれなかった(-_-;)
[PR]

by violatsubone | 2009-11-06 19:00 | 音楽鑑賞