びよらんるーれっと

c0102375_1434929.jpg
昼間は一回り以上下の子の結婚式だった。まさか呼ばれるとは思ってなかったが、私なんぞ呼んだから、ガーデンウェディングなのに雨がちらついた。悪かったわね。若い子が着飾る中、余りに年が違うので、スーツ(要するにエステの女社長スタイル)で参加した。携帯すら忘れたので写真はとっていないが恵比寿QED。あそこ多いのよね、3回目かなあ。
近いので自宅に帰り着替えて楽器もって、また忌々しい地下鉄の分際で外に出るところだ。ここは練習場から金がかかるので困る(笑。

そんな地の果てにも、かぼちゃ人形は健在だった。ハロウィンは兎に角商業側が必死に広めているだけあって、何となくこの時期はかぼちゃだらけになるくらいまでは、浸透した。あとはこの日になんとしても金を落とす仕組みを作りさえすればよいのだ。

かぼちゃ人形をすり抜けて、ホールに入って席に着くと、なんとちこさんがトップ席にいた。びよら団員沢山いて、彼女一応寅なんだけど・・。トップと、前トップ、前回トップ代理、全ていなくて、どうやらじゃんけんとかで決まったらしい。前半は、「表が一人だから」(正確にいえばこの時点でまだ裏表が未定なので、全て自称)という理由でらいあー氏がトップになり、途中で要領良く交代し、じゃんけんでチコさんになり、その後S坂君が来たので、みなで待ってましたとばかり彼をトップ席に押しあげた。近い将来彼にはここに座って欲しいということで、全員がプロデュースしているのだ。若者よ大志を抱け。(どこが大志か)
誰にトップ席が回ってくるか判らない状態のことを、びよらんるーれっとと呼ぶことにした。

午後の用事に感謝(-_-;)
[PR]

by violatsubone | 2009-10-25 17:00 | おけすとら