MNMN先生とWRWR

c0102375_1425966.jpg前回の写真は鶴が逆だったので、向きを修正。
今夜は、MNMNさんの弦分奏。今週末は色々用事もあるので両日ともに遅刻であった。
プロの弦楽器奏者による弦分奏って、色々役にたつのよね。うちのオケは、事に最近、弦楽器全体の実力以上の曲(そりゃどれとってもそうなんだけど、音楽的云々言う前に譜読みが難しそうな曲ってこと)をやることが多いので、弦分奏の強化は必須。それも最初の方にね。プロは分奏をしないけど、アマチュアは分奏なくしてはまともなTUTTIできないもんね。で、弦の専属トレーナーが欲しいよなあと思うわけ。MNMNさん、毎回弦分観てくれればいいのにな。副指揮者としても、特に最近はとてもわかりやすいし、前回のティルの丁寧な指導無くしては、多分あの曲は出来なかったと思う。でも弦分奏指導をして欲しいの。
うちのオケはバイオリンが特に強化必要だから、SKM先生やMMTA先生がバイヨリンも観てくれたりすればうれしいなー♪なんちて。

指揮者からゴリゴリーひけーみたいな命令により、みな割りと力がはいってしまっているところがあり、「そんな、ブラームスみたいにしなくても」とMNMN先生がベートーヴェンとブラームスの弾き方の違いを披露。ブラームスみたいというか、単に圧力系だった気がする。指揮者のおっしゃっていることが違うとか反論とかではなくて、求める方向に弾く為に、余り技術にバラエティの無い我々はつい「力んだ演奏」をしちゃっていたんですね。で、「力んだ演奏」ってのは、意識が真ん中に集中して、周りの音が聴こえなくなるんだろう。ガシガシ弾いて、ふっと気がつくとバイオリンと全然ずれているし。

雨の中、気がつくと駅まで歩いていた。前を歩いていたMNMN先生とりえびさん、りえびさんはお帰りになり、MNMN先生は荷物抱えながら「どこか呑みに行くんですか?」後ろには誰もいない。雨が酷いのでバスにのったか車でかえっちゃったかな。人数も少なかったし。といっても私とらいあー君しかいなく、S井君もoder氏もしんちゃんもΩ氏もいないので、飲み屋を見つけるのが・・・。「ちょっと私見に行くからさあ」というと初めてらいあー君は走り出した。ふうむ、最近偉くなってぱしり経験が無くなっているな。待ってれば人が増えるかもということでWRWRにしたんだが、結局今宵は3人だった。3人なのにWRWR・・・いや別にらいあー君の手際について愚痴っているわけではない。3人なのに・・WR・・。
c0102375_24867.jpg
人数の少ない分、MNMN先生と沢山お話が出来た。先週の話とか。「ご老人は元気ですよねえ」先生もひたすらに恐れ入っていた感じであった。ああでも、「ダントツに若いVcの女の子」が実はダントツではないことが、後日メールのやり取りで判明した。20代と思い込んでいた。まさに、奇跡の3○歳だ!。
近くで見ると、本当に肌が綺麗だ。肌理がとても細かい白い肌。ニキビなんて出来たことないんだろうなあ。というか髭なんて生えるのかしら?。
そうそう、3名とも辛いものオッケーだったので遠慮なく唐辛子系を頼めたことが嬉しい。NKYO練習場の隣にある韓国料理屋は是非一度行ってみたいものだ。あ、今頃《11月2日未明》MNMN先生は韓国旅行中かな?。
[PR]

by violatsubone | 2009-10-24 19:00 | おけすとら