Lesson79 チェロ人口増加の訳

分散和音で駆け上がるもの、以前よりはかなり7ポジくらいまでパタパタ上がれるようには為ったのだが、パターンによって苦手なものがある。大体がハイポジすると手が痛くなるので出来る限りa線で上がってやろうとおもっていたら、前の線からあがっておけと怒られた。だってこの教本いかにもこの指だけ上がるように数字ガが書いてあるじゃないですか?!半ば予想は付いていたが反論してみた。
「ああ、そりゃ付け忘れだ。ほらオレのはこの音から2に上がるように書いてあるぞ。惑わされてはいかん」
惑わされてはといわれてもねえ。

2回目で合格。しかしここの部分のみ、もう少しさらってくるようにと。

ベト4がベートーヴェンの中で一番名曲で一番難しいと断言(いつも断言だが)したのは師匠。最初はベト4の話ばかりしていたがこの週に初めてマーラーの話がでた。4楽章が難しいよな。最初のところから暫く。ビオラっは、2回目3回目が難しいな。タイミングがな。トップから眼を離すなよ。そういやあG大の本番では・・・
ええあの事故の話はもう何度も聞いたからいいです。

「いや今年のG大のチェロは素晴らしいんだ。なんてったって、6人入って全員が小さい頃からの経験者でしかもキチンとレッスンやっているもんばかりだぜ。初心者なんて入る余地ないんだよ。」
(そりゃ大学として気の毒だな)
「私のときとは隔世の感がございますわ」
「あんたの時って・・XXさんは同期か?」
「2つ下です」
「○○は」
「3つ下です」
この種の不毛なやりとりはもう何回やったことだろう。
「あの頃は2,3人だったもんなあ」
「そんなに小さい頃からやっている人が多いんですか、凄いですね」
「ああ、あの頃はブームだったんだよ、チェロの」
(あのころ??)「はあ、何の影響でしょうか」
「ほら、浅野xxxがチェロ弾いていた」
「まさか、101回目のなんたらですか!?」
「そうさ、あのドラマを見た人がもう親になって、子供が大学生になったってことさ」
ちょっと待ってください。
それって私の世代では?
「そうそう、あんたらの世代の子供がもう大学生なんだ。おい、世の中は世代交代だ。あんたはいつまでたっても交代できないじゃないか」
なんつうセクハラ発言。悪かったな。
それはそうと、私(より数歳上だろうと思うが)の年齢でドラマを見て感動して、生まれた子供に思わずチェロを習わせただと?。浅野あx子、酷い弾き方だった。だいたい弾く前にそのうっとおしいワンレンを結べよと思ったもんだ。彼女に比べれば、最近のもっくんのチェロなど立派なもんだと思う。
だいたい、チェロ習ってその挙句に捕まえた男が武田て○やだというのであれば、あたしはチェロなどやらせたいとは思わんぞ。うっとおしくて暑苦しくて、一番嫌いなタイプだ。観ながらあんなもんとくっつくな、一人で生きればいいだろう浅野、と思ったがそうはいかなかった。ストーリーは良く覚えていないが美女とブ男の話だ。最近のドラマはイケメンがゾロゾロでないと視聴率とれないので、いまだと絶対実現しそうにないドラマだった。
[PR]

by violatsubone | 2009-09-23 15:00 | ビオラレッスン