MNMNさん特急練習

私が版を間違えて買ったりしている間に、もう次の練習だ。本日は分奏と聞いており、指導者のお名前は書いていなかったので自主練習だろう、だったらゆっくりだろうと、2倍の速度でちょっと譜面をいぢった程度。

18時からは、珍しく団員MTG。来年の曲に向けての説明会。以前、団長に「このオケの選曲プロセスわからん」と食って掛かったことがあったが、最近はその甲斐もあり?WEB投票やら説明書きやらがされて、わかりやすくなった。まあねえ、弦楽器奏者って、それほど「やりたくない曲」ってないのよね。だから管ほど曲選びシビアじゃないかも。拒絶理由は、難しいから出来ないーというくらいだからねえ。どのくらいの「難しさ」がオケの許容範囲かなってところなんでしょうな。まあ来年の候補はそれにプラスして「指揮者からの熱い要望→団員の意見の反映ではない」「金銭問題」等もあるわけでして。HMJ兄がバンバン意見していたのはびっくり。兄が控えめに発言する「僕の経験上」という言葉は重みがあるなあ。半端な経験じゃないでしょうから。
私は誰の意向であろうが、決め方さえはっきり皆に見えればいいんだけどね。アマオケなんて民主主義ではなくて結局少数の運営責任者が運営していくもんだから、ある程度「執行部」「それ以外の一般団員」の差はしかたないんだよね。ある程度はね。

その後は分奏。弦分奏のセッティングをしていたら見慣れた方の姿がみえた。え、今日ってMNR川先生(MNMNさん)分奏だっけ!。あっちゃー。そう、先生の分奏はわかりやすくて練習すべきところが明確になりいいんだけど、初回から容赦無い速さで飛ばすのだ。案の定ベト4 4楽章速くて笑ってしまった。
隣のチェロはトップが休みなので元トップと宅配のペアが1プルにすわった。宅配は初サイド。なんつうか体型とかぶつぶついうところが似ている中大のストイックコンビだが(お互いに俺は彼とは違うと思っているが、その他大勢からみてると同カテゴリーだ)初回からバリバリやっている。ずっきー氏は「宅配め、結構いい加減にひいてましたね」と笑っていたが、そんなの私には未だわからない。後ろの初見だろうと思われるプルトとの差が激しく、それはマラ1のびよらも同様に映るのだろうとおもった。ベト4は難しいが、さらうのが楽しみな曲だ。M1は、「んー、まだまともで希望があった感じよねマーラーも」。びよらでは隣のOKTさんと「何これ」とか顔しかめながら口で歌いなおしたりしている。ぐっぴは何が嬉しいのか隣で一人で興奮している。ナチュラルハイと本人は言っているが彼女がハイで無いことは滅多に無く、ナチュラル(天然)で無い場面は皆無である。

余り久しぶりでないところが新鮮味が無く残念だが、例に寄って呑みに行く。ここの呑み会の場所はちょっと歩く。しかし雰囲気は悪くないと思う。べっちがはやくーはやくーというので先に行って奥の席を取った。OKCNがいるので、ガ○ダムの話になった。らいあーを呼び寄せ、おれんじも座ってもらい、この周辺で翌日のツアーが決まった。ただその時点で翌日は雨だなと私は知っていた。PCの画面にいつも週間予報が出るようにしている為だ。だが黙っていた。
草食系を自称するずっきーは、人生の先輩からナンパの仕方を指南されている。
「そんだけ沢山のオケに参加してるんだし、上手なんだから、上手く立場を利用して誘えば良いじゃないか」
「何といって誘えば・・」
「俺と、夜のプルトを組まないか?」
健闘を祈る。
[PR]

by violatsubone | 2009-08-29 18:00 | おけすとら