優雅なる大食

c0102375_3405269.jpg
お洒落で多少高価だが、私の好きな味の中華、おもさんにあるふーみんで久しぶりに食べたいと高校時代の友人と話す。全てにおいて有能な彼女はあっという間に人を集めてアレンジする。が、バタバタして返信を怠っていたら、19時スタートのコースになっていた。う、この日はアポが夕方なのできっと19時は無理だ。と思ったが既に遅し。仕方ないので多少遅刻する旨伝え、結局40分遅刻した。

目の前にコース前半の料理がバタバタと並べられた。お腹空いていたし、もともと男性以上に食べるのが速い為、追いつくのはあっという間だが、なんとも優雅さに欠ける。しかし相変わらずここは美味。特に葱ワンタンは独り占めしたいくらい美味しいのだ。ニンニクたっぷりだし。コース以外にも納豆チャーハンとか出来ますよといわれて私はやる気満々だったが他がもう一杯ということでやめた。何だかとても自分がおお喰いの様だ。

しかし、上がいた。奥の机に座っている老婦人。きっちりお化粧して、セレブ婆さんオーラを漂わせている。常連風だが、一人で4品くらいペロリと平らげた。ここの皿はみな2人分くらいの量があるのに。どちらかというと痩せ型の老婦人、近所にお住いで、かなりの頻度で通っている様だ。にしても、あの量。70は越していると思われるのだが、たいしたセレブ婆様だ。。
[PR]

by violatsubone | 2009-08-17 20:00 | 食べもん