散切り頭をたたいてみれば

c0102375_3305686.jpg
雨ばかりで、髪の毛が収拾つかない。少し伸ばしてみようとかパーマ掛けてふんわりさせてお嬢っぽくしてみようという野望もあったが、それどころではなくなった。湿気を含んでぼわんと為った髪にヘキエキしつつ、金曜日に美容院に駆け込んだ。○の内だと表3DOも近い。
「伸ばす予定がいつも頓挫しますね」
美容師も苦笑
「どのくらいが似合いますかねえ。大人っぽいのがいいのですが」
「・・・どのくらいが楽かといいますと、もう諦めて短く切ることですよ」
「・・・・そうですね」
美容師は見抜いている。凝った髪型はセットし切れないのだ。結局は「如何に楽に纏まるか」で髪型を決めてしまう私。またしても散切り頭であった。或いはこけしヘアーだ。確かにこれだと跳ね様が無い。
ヘアマニュキアが落ちてきたが今日は染めている時間が無い。スティック製の白髪染めは毎日ポーチにいれてある。情けない。

本番はこの楽な髪型だったから助かった。朝弱い私がお洒落な髪型なんて考えてはいけなかったのだ。
[PR]

by violatsubone | 2009-08-07 20:30 | つぶやき