合宿2日目 好きな4小節

演奏会の前日に、合宿の記事なんてかくんじゃねーと思いつつ、一言だけ。
c0102375_0291763.jpg
AMNM先生の言葉
「大好きな4小節を探しなさい。そしてそこを中心に弾いてみれば曲に対しても想いも深まるでしょう」
(だいぶうるおぼえ)

ティルの4小節は決まっている。(びよらの例の箇所ではない)
エニグマは候補が3つくらいある、でもやっぱりあそこかな
ブラームスは・・・もっと候補があって・・でもあそこかなあ・・・

好きな4小節が弾いていて好きなところと聴いていて好きなところとまた異なるんだけど。どこが好きかなーなんて思いながら練習していた。好きなところは実はビオラなんざは後うちだったりピチカートだったりするんだけどね。後うちすきだし。
c0102375_0294515.jpg
***続き

企業が業務合宿等を行う時に利用するセミナーハウス。弊社も持っている。アメリカ式?なのか外資系メーカーが仕事の合宿をするのが好きで、1日中隔離された部屋で、客の応対等に惑わされずひたすら今後の戦略などをブレーンストーミングする場。弊社をはじめ他の企業でもその種のセミナーって結構行われるようになった。或いは新人や管理職研修。ここも多分そんなときに使うところだったのだろう。バスタオルや歯ブラシ、浴衣完備の合宿場など初めてだ。布団をたたまなくて済む合宿場も初めてだ。昼食にカレーライスが出てこない合宿場も初めてだ。外では小学生がバーベキューをしていた。サッカーチームらしい。最近のお子様は贅沢なところで玉を蹴る。我々はゴージャスだと感動していたつうのに。
c0102375_030785.jpg
分奏中心だった。AMNMさんの分奏はとても贅沢だ。それはトレーナの分奏とは目的が違う。1時間おきに場所を移動するのはさすがに大変だったが、先生の分奏はそれを補って余りある。毎回TUTTIを行うより、アマチュアにとってははるかに効率的なのだ。
宴会場所もログハウスみたいなところで、ちょっと旅行気分だった。ホールの音響がどうのということはあるがそれは都内の練習場所だっていろいろなわけで、途中参加も気軽に出来る近さ、そして帰ってからも更に充分さらう時間と体力がある往復に費やすエネルギーの少なさという点で近いという事は重要ななファクターなのだ。

写真は上から 話し込むびよら男子、談笑するびよら女子、セミナーハウス外観でございました
[PR]

by violatsubone | 2009-07-25 09:30 | おけすとら