舎人ライナーに乗って

c0102375_7192263.jpg
本日の練習はまた新しい場所。
らいあー曰く「僕にとって、池袋から上野は東北地方です」。
東側の埋め立てエリアは何となく慣れたのでは有るが、山手線の上とは一体どこなのか。
降りる駅は熊野前という。都電か舎人ライナーがいいですよと乗り換え案内は言う。
舎人ライナー!。駅を知らないどころか、路線すらも初めて聞く名前だ。
東京は広いなあ。

どうも、昨年だか一昨年だかに出来たのだという。舎人という言葉と、ライナーという言葉の雰囲気が凄くそぐわない。ゆりかもめみたいに正体不明の名前にすればよかったのでは。そいえば舎人って私の中では昔(奈良時代とか?)の下級役人というイメージなんだけどね。舎人家という豪族もいたらしいし、舎人親王なんていうのもいたと思ふ。というわけで凄い古式ゆかしい名前と思っていたら、地名になってんたんだな。ゆりかもめスタイルの所謂新交通システムという、鉄道とは少し違うものだという。
私の駅からは、「内回り日暮里乗換え」か「外回り西日暮里乗換え」が同じ時間だ。真逆なんだなこのダブル日暮里。日暮里初めて降りた。舎人ライナーの駅は出来立てなのでJR日暮里駅との雰囲気の乖離が激しかった。降りた駅は、また駅と周辺の町の雰囲気の乖離が激しい。ゆりかもめは停まる場所も枯れた未来都市みたいな感じでぴったりなのだが。溶け込んでいるのは、都電の方だ。練習場も舎人ライナーの様に新品!というわけには行かない。だが、案外音響よかったやうな。

練習時間をどうやら間違えたらしい。最初の情報では13時だったのでそのままUPDATEしていなかった様だ。しかし、遅刻だーと騒ぎながら行っていたので結果オーライではあった。次から30分前の練習時間をインプットしておこうかな。
c0102375_7571288.jpg
MNR川先生最後の練習。教えていただくほうが大変僭越だが、最初に来ていただいた時と比較し、教え方やもって行き方がとても判り易くなったと思う。伊達にプロオケの団員となり、初々しさが減り、恰幅が一層良くなっただけではないと。しかし、熱の入った練習、時間にも気付かず、「じゃあこの1楽章の・・」と言ったとたんにタイムアウト。先生の言いたかった1楽章とはどこのことなのだろう?呑み会にも参加され、その後地方公演に旅立っていった。
帰宅時間保存の法則。2次会で行った場所の馬の燻製(写真)が非常に美味しかった。高級スーパーとかで探しているんだけど無いんだよなあ。見つけたら教えてくださいな。
[PR]

by violatsubone | 2009-07-11 13:30 | おけすとら