鉄道の旅・・・


c0102375_14505528.jpg本日は朝6:55の飛行機にて広島。そこで1つめ。空港から15分タクシー。まわりなんにもないところだった。この県は始めていった。

その後電車に乗り継ぎ乗り継ぎ 山口。 そこで2つめ。与えられた切符のままに載っているので何県をどういっているのか皆目検討もつかない。田舎なので新幹線も「こだま」にちょっと載るだけで乗り換える。駅から見える風景はこんなかんじ。学校が終わった中学生?が暇そうに駅の階段にたむろしている。
「のどかですねー。僕こういうの好きです」
私は余り。

c0102375_14544931.jpg
最後に海峡渡って、熊本。ここで3つ目の客は明日訪問の為、夜の呑み会のみ参加。


c0102375_1456751.jpg
ここからのった列車の車両は、ちょっと999みたいだった。

熊本出身の同僚がいて、私は狸たべるのかい?(あんたがったどこさの歌参照)とからかった事があった。熊高だったが、東京でW大いくというと、ばあちゃんが「できの悪い子は可愛そうだ」といったという。あそこのエリートコースは勿論9大だからだ。同僚にもややDNAがあるが、熊本の人は割りとずんぐりむっくりが多い気がする。街歩いていても。更に目立つのが、風俗店が多いこと。で、この時代にふつーに会社の呑み会でそういうところにいっちゃう県民性だと上司は言っていた。ここの担当が私だといって客はびっくりした
「女性が担当だと、あの店とあの店には呑みにいけないなあ・・」
なんつうことだ。
c0102375_153231.jpg
基本的には良い人達なんだけど、酒も強いが酒癖も悪い。まあ許容範囲ギリギリではあるけれど、こういうベタな昭和の客は久しぶりだ。ここは別の県にいっていた上司もジョインし、弊社3名と客先2名でのみにいき、私は1次会で解放されるはずだったがそうもいかず、大人しめの「姉ちゃんのいる店」を2軒梯子した。1件目の窓から熊本城がみえるといわれて写真撮ったが全然うつらなかった。
馬刺しがうまかった印象はある。おやぢとカラオケデュエットなんて10年ぶりくらいだ。
[PR]

by violatsubone | 2009-06-11 06:30 | 旅行&出張