ゴルフ~強烈晴れ男


c0102375_0131377.jpg本日は部署のゴルフコンペだった。すっかり忘れており、バスで行くということもあって、ゴルフバックさえ送らなかった。もっと忘れていたのが練習で、結局前日金曜日21時からヒモンヤセレブ倶楽部で練習したのみだ。1時間弱。まあ直前でもやったことが後から考えれば功奏した。
自宅に帰り、さっさと用意をして寝ようと思ったがそうも行かない事情も起こり、例に寄って事前の準備をしていないのでゴルフウエアにアイロンをかけたりしていたら1時間睡眠になった。本日は雨のはず。雨天決行スポーツなので、不愉快だがやらねばならない。雨具の用意とか、半そでと長袖を両方荷物につめたりとかいう服装計画をねっていたら遅くなったのだ。
朝6時渋谷駅集合。無論タクシー呼び寄せだが、降りてからバスの集合場所まで豪雨の中歩くのがたいへんだった。これで本当にやるのか。幹事が吼えた。
「山梨は晴れになる!」
皆一様に、何言ってやがるんだ、という表情。兎に角全員睡眠不足なので、行きのバスは睡眠車両。雨天なので余計テンション低い。
到着したら雨はやんでいた。曇りで結構涼しい。長袖にすべきか半そでにすべきか一瞬悩んだが、経験則で半そでにした。お嬢様がたは長袖を羽織っていた。
ちょっと遠いが、それだけあって安く、非常に綺麗なコースだ。アウトコースは若干フェアウェイ幅が狭いが、いやらしくは無い。グリーンが2段とか馬の背とかあり、一番難しい。顎が深いバンカーもある。私はそこにははまらなかったが。女性参加率が高く、女性は皆初級者なので幹事はたいへん。私の組は女性2名。同僚は6年ぶりとのことなので、私より不慣れ。キャディーが指導意欲をめらめら燃やしていた。ぐっぴの様な熱いキャディーだった。
あろうことか、昼食を挟んで午後、晴れだした。雨が止むのは嬉しいが、こんなに晴れろとは言っていない。仕事でも強引さが目立つ男だが、なんつう強引な晴れ男だ。急に晴れると女性としてはそれはそれで困るのだ。雨対策ばかり考えており、日焼けの心配など、顔以外はしていなかった。太陽をあびた吸血鬼の如く、慌てていると、キャディーさんが日焼け止めをくれた。あわてて手に塗ったが、もう遅い。そして襟元のボタンを外していたのをすっかり失念していた。
今回は、ドライバーが好調だった。ドラコン2回、ニアピンもとり(レディースティーから)、女性15名の中では僅差で優勝した。幾ら年に2,3回とはいえ歳の功ってものはあるのだ。あとは、このホールはドラコンです!といわれると、途端に玉が飛んだ。今日一だった。200ヤードとんでるよ、と後の組の男性に言われた。「僕結構飛んだのでドラコンとった!と思ったら先に旗がありました。その旗がつうさん(女性ドラコン)だったのでショックでした。男性ドラコンの旗はその50ヤード先にありました」。因みに、飛んだ飛んだと喜んでいたら2打目は、スカって10ヤードくらいしかころがらなかった。。スコアはイマイチだったが、賞金や商品(ビール券)はゲットしてまた賞金女王となった。Fオケの合宿が、またビール券OKであれば、私はただで参加できる。

コースが終わって洗面所に行き、鏡をみて、愕然とした。襟元のボタンを外したところ、三角形に日焼けしていた。こんなに晴れるなんて、誰が予測していただろう。幹事は強烈な晴れ男だ。余りにも極端だ。自慢げにしていた幹事に、女性はこんなのこまるから、と文句を言っておいた。どうしてくれよう、このトライアングル。
[PR]

by violatsubone | 2009-06-06 05:00 | お遊び