Fおけ 副指揮者練

c0102375_0232946.jpg
当団が良く使用する某練習所の近くにある佃煮家。「まずい」をひっくり返して書いているしょうもない宣伝ではあるが、一度買ってみたいものだ。何故か50mあけて同じ道に2軒ある。閉店が早いみたいだが、本日は少しはやめに行ったし、まあ日も長くなっていたので良く見えた。

早めに行ったのは、招待客への葉書発送。今回往復葉書の為、宛名シール貼り&折り。おれんじさんが宿屋の女将の様に仕切っている。招待客リストもこんなにあると管理が大変だ。観客呼ぼうぜおーもいいけれど、販促の負担は毎回増える一方。どうにかならんかねこれ。少しでもみなで出来る仕事は分担しよう、ということでぺたぺた。シールに印刷してある住所等見つつ、こんな遠くからわざわざ来るのか、アマオケ聴きに。とびっくりしてみたり、いい住所だなあここは高級住宅街だぞとか思いながら単純作業の退屈さを少しでも紛らわせようとする。しかし何百とある都内のアマオケ、最近数年はどこのオケも集客が良い様だが、世の中そんなに観客がいるのかと感心してしまう。
以前うちの上司が「今の文化は送り手ばかりで受け手不在だ。文を書く奴も、音楽する奴も、演劇する奴も映画作る奴も沢山いるけど、そいつらのを読んだり観たりする人は少ない」とぼやいていたが、アマオケでは今のところそれ程アンバランスさを感じない。(どっちかってと、弦楽器奏者よりオケの数が多いことが問題かも)

正指揮者の練習は7月まで無。副指揮MNMN氏の再登場。5月はティル&エニグマ強化月間ということで、皆が譜面面は弾けてるっぽいブラムスは休み。はじめからチェックした箇所を丁寧に練習。為るほど曲の構造がわかるし、他のパートの大変さ(笑)がわかる。今回は木管が捕まる箇所が多い。ちょっと過剰という程繰り返しやる。弦では圧倒的にバイオリン。びよらとちぇろは観ている方が多い。エニグマの2曲目とかはバイオリンがひたすら大変でびよらは後半に伸ばしがあるだけという格差曲だ。これ弦分奏でやったらよかったかも?。次回は終曲をやってくれるかしらん。
[PR]

by violatsubone | 2009-05-10 17:00 | おけすとら