宇宙人と京都

仕事を一部渡す部下は、英語が素晴らしく流暢な超美人さん。でも帰国子女の天然不思議ちゃん+20代なので我々にとっては彼女も宇宙人。もう1人、昨年3月にパリに留学したいんですと自分探しで辞めて行った隣の部署のお嬢様もかなり美人で更に宇宙人度が強かった。(寝坊して厚木のゴルフ場まで恵比寿からタクシーで来た人だ。)うちの人事部は総じておやぢなので、美人採用が多いのだ。女性は男性より語学が出来る人が多く、その流暢な英語は発音が悪いおやぢたちの魅了するのかもしれん。意地の悪い見方をすれば、世間への見栄えのために、女性を多めに採用するが、そんなに使いこなせないと自分達でもわかっているので、早く社内結婚してくれるよう、美人を採用するのかもしれない。我々過去の事務職採用と同じ様に。たまに私みたいな平凡な顔のを採用するとこうやって売れ残ってツボネとなるわけだから、美人採用に越した事は無かろう。
c0102375_5453973.jpg
最初新幹線を手配させたら私の送別会の日に出張に行く事になっており、慌てて訂正させた。
最初のアポが大阪11時なので7時台の新幹線。あー眠いなあとぶつぶついいながら品川からのると
「おはようごさいます♪」と、東京駅から載っていた彼女がにっこり出迎える。惚れ惚れする可愛い笑顔だ。
座席に座ろうとするとデカイにもつがある。3日分の荷物は軽く入りそうなキャリーバッグだ。
「あんた何泊する予定なの?」
「カバンなかったんですー」
4年目だとおもったんだけど出張経験なかったのだっけな。
引継ぎ終了して、別に忙しくもなかった私は携帯で会社のメールを覗くのみ。後は寝ているか本読んでいる。となりでは宇宙人が仕事でテンパッテイルらしく必死でPCをたたいている。
荷物がデカイのでことある毎に駅のエレベーターを使う。
タクれば後ろのトランクをあけさせる。
何だか移動に時間がかかる。
階段では訪問先の客のおやぢにカバンを運ばせる。
「どのくらい滞在するんですか?」
まあ、挨拶代わりのネタには使えるので、「客ごとに服かえるらしいです」とかいってからかって遊ぶ。
しかしいったい何が入っていたんだろう。
c0102375_5482861.jpg
客の都合で大阪2軒→京都、翌日神戸だった。夕食は京都がいいというから勝手に選ばせた
「とりまるですう」
「何それ店の名前?京都なのに焼き鳥屋にしたわけ」
「通りの名前です。京都の住所って何か素敵ですね!」
からすま(烏丸)通りの、駅近くの店に入った。

寒かったのでしょっぱなから日本酒にした。食器が全てセンスがあって素敵だった。
味も上品でマアマア美味しかった。
しかしなんにしろ寒い。計画では桜も咲いているのではと思ったけど、それどころじゃなかった。
神戸で宿泊するので、神戸で夕食にしてさっさと寝たかったな。
[PR]

by violatsubone | 2009-03-25 07:15 | 旅行&出張