Fおけ シーズンイン@弦分奏

オフ期間を経て、漸く8月の演奏会に向けて本格始動。オフがながけりゃさらう期間が長いからさぞとは思うが、まあ代替終わった直後は毎日曲をきいたりしたもんだが、年明けとともにだれるものだ。夏休みの宿題は初日にちょっと後は最終日にやるもんな。

どしゅさんのことを昨日からかっていたら、今度は自分が遅刻した。半蔵門線の駅で降りてみたら、逆から出てしまったのだ。何回この練習場に通っているのだろうか。更に、トップサイドの刑が下された。衆人が笑いながら見守る中、こそこそと一番前に行く。うううこれが怒趣返しってやつか。まだブラ4でよかたかも。とりあえずは落ちないから・・。本日は先生がいらっしゃらないのでコンミス自らのご指導。太ももぱしぱしたたきながらカウントするのが可愛い。いいなー足細くて、なんてことに見とれているからまたCisを弾いてしまうんだ。

にしても2ndばよりんの陣営が凄い。サイドのべありんさん、びよらからのレンタル移籍(と思っている)のH兄とO村両氏、ずっきー、精鋭を集めた感じだ。姐さん気質のコンミスが、ファーストは私が背負うから!とセカンドに配分したのかなあ。コンミスがたたいていることもあり、掛け合いではセカンドの方がはるかに音が大きく、正確。Kなちゃんよかったね。まら9の時のパート練習の苦労話をちょっと聞いていたので・・。
にしても元びよらずは嬉しそうになにやらごしょごしいいながら弾いている。隣が同じ高レベルの人だと会話も進むのだろうねー。ずっきーはそのプルトを眺めながら更ににやにやしている。

びよらは本当は人数いるんだけど、ちょっと出だしの出席率はイマイチだ。

えにぐまは「私パート練習でてないのー」という理由にならん理由をもって後ろにさげてもらった。
終楽章が圧倒的にわけわからん。他の楽章(わんこの楽章など)は速くて指が回らないところはあるけれど、まあゆっくりやってくれたので、色々把握は出来た。夫々の人を表現するというが、自分が一番長くて華やかでひねくれて難しくいなんてね、やはり大抵の人間は自分が一番複雑だと思うわけだからな。妻は判りやすいセンチメンタルな感じ、愛人はミステリアス・・。
映画のBGM(昼メロの音楽との説もあるが昼メロみたいからわからん)的な判りやすい、まあイロモノ的なベタなフレーズがあちこちにあってそれはそれで好きなので、割とやる気はでるんだな。

どしゅがここでの初トップ。危なげなくソロを弾いて皆さんを魅了する。
Dオケ風に拍手をもらっていた。もってく人だ。

後ろでがさがさ音がするからなにかなーと思ったらK子ちゃんが巻物譜面と格闘していた。流石にこの枚数巻物はきつかろう(笑)
[PR]

by violatsubone | 2009-03-15 01:36 | おけすとら