Lesson66  玉のヴァカンス?! 

師匠@アメリカ帰り「くっそー日本は寒いなあ。俺は先週までプールサイドでビキニの女の子を眺めていたんだけどなあ」
私「あの、何しに行かれたんですか」
師匠「何って仕事だよ仕事」
私「ビキニのねえちゃんがですか」
師匠「それは仕事の合間だって!」

師匠「ラスベガスで、美人ばっかりだったね。ほら、冬ソナの女の子、いたよ。すらーっと背が高くてなんというか後光が・・」
私「オーラがあった?」
師匠「そうそうオーラだオーラ。他にも韓国や中国の人がいたがみな凄い美人なんだ」
私「ベガスのカジノですよね、女優とかモデルばっかり揃っていたのだと思いますよ。」
師匠「そうだよなあ、おい、そういえば、シルクドソレイユのO観た事あるか」
私「シルクドソレイユはしょっちゅう日本にきてますが、Oは無いですよね」
師匠「当然だ。Oは水のショーだから、あんな設備日本にもってこれるか。門外不出なのだ」
私「ベガスは行った事無いですから。」
師匠「俺はOは3回目なんだけどさ、以前行った時とチェリストが同じだったんだよな。すげー美人で」
私「流石観るところが違いますね」(まず演奏より容姿というところが、という意味だが通じなかった)
師匠「やっぱり見るだろう。彼女は歩きながら弾くんだよ」
私「それ無理じゃないですか。チェロですよね」
師匠「椅子の下に車輪がついていてそれが動くんだ」
私「ははあ」(それは歩くというのだろうか)「それでぶれないで上手く弾くって凄いですね」
師匠「彼女ぐらいのアーティストだと、凄い稼ぐだろうなあ」
私「(なんつうか感想が容姿とかギャラとか音楽家らしくないんだよなあ)・・ で、よくチケット入手できましたね。大変なんでしょう?」
師匠「俺、MGM泊まって、コンシェルジュにダメもとで聞いて見たらあったっていうんだよー」
私「MGMのコンシェルジュだったらきっと確保しているんでしょうね、よかったですね」
師匠「前はヒルトンで230ドルとられたんだがMGMだと150ドルで同じランクの席だったよ!」
私「あの、ベガスでお仕事?」
師匠「仕事の合間に寄ったんだよ!」

今日はご機嫌だった。私が10回に1回の割合で、問題なく弾けたから。課題が出る前から、これは得意なパターンだなあと思っていたのだが、「いつの間に上手くなった」とご機嫌だった。この3連符のパターンだけなんだよね。で、短時間で終わってしまって、他の譜面も持っていなかったことからおしゃべりタイムになってしまったわけだ。次の課題は、多分そうは行くまい。
[PR]

by violatsubone | 2009-03-03 20:00 | ビオラレッスン