一緒くた

異動の季節、私も4月に随分長くいた(年月を数えるのもうんざりする)部署を異動するが、本日は異動先主催の歓迎会。
「あらそんなに早く歓迎してくれるわけね」
と、戸惑ったが何のことは無い3月1日付けで出向される方の送迎も、定年退職のおぢさんの退職祝、他に異動する方、新しい派遣さんなど10人一緒くたの歓送迎会だ。ありがたみがあんまり無いが、この種の会は送られる人メインだからまあ仕方ない。しかし全員で30名程で、うち10名が主役だと残り20名、特にマネージャー達の呑み代傾斜配分はきつかろうな。それを予測して神田の居酒屋だった。
もう人数多すぎて覚える事を頭が拒否する。特にお嬢様方はわからない。何となく外様感があったため、借りてきた猫の如く上品にしていたが、ひと月もつかどうか。社員は若手以外は既知な方々だしね
部署によって色々カラーの違いってあるものだ。もう海外出張とかどーでもいいので変な国担当はやめたいんですがと丁度正面に座ったボスに話したら、彼曰く
「君、人事部に『変な国に出張する女性社員』ってことでチェックはいってるの」
なんですかそれ。怪しい病気持ち帰る可能性大って注意報?
それとも、どこにでも飛ばしてやれってことかしら。いやあねえ

2次会も当然参加して、仕事の話などしているうちに、色々担当することになってしまった。久しぶりの新しい事なので早くやりたくてうきうきしていたら、今の上司に
「3月一杯は前の仕事の引継ぎに専念しろ」といわれて、ぷうとふくれた。そんなに引き継ぎかからないわよ、ふん。
[PR]

by violatsubone | 2009-02-25 19:00 | 食べもん