Lesson62 リッカルドの音色

c0102375_116419.jpg
「おお、良い感じだ。音がいいなあ」
珍しく褒められたのは、別に上達したわけじゃなくて楽器が良いからだ。
基礎練習やるのかと思ったら、レッスンでは前回の教則本続き。
持ち方がややもすれば外側に傾きがちなのを気がつくと直しつつも、そうすると余り違和感無く弾ける。左手よりやっぱり右手が曲がり気味になってしまう。

左手は、実はこの楽器の幅の方が弾きやすい。

というわけで、年始は(年末は呑んでばかりで弾いてない)音階ばかりやっておりエチュードをすっかり失念していた割には、2曲ともOK.(っつうか3週目だからな流石に)
次の宿題は、また2曲だ。まずはトリルやらモルデントの練習。苦手なトリル付をやれるのは嬉しい。が、左手が疲れそうだな。

うちの子の名前がリッカルドといことが、判った。というかうちの子を作った人がりっかるどというらしい。指揮者にもムがついたりシがついたりする人いるんだけど、いかにもイタ公って感じな名前ね。そういやあリカルドってサッカー選手のカカの本名だな。たしか、「カカーはね、リカルドっていうんだ本当はね、だけど小さいから自分のことカカと呼ぶんだよ、おかしいね、カカ♪」という由来だったと思う。じゃあこの楽器カカにしようかな。ダメだ幾らファンだといっても奴はブラジリアンだ。そしてカカの意味は・・・。

なこと考えずに練習せねば(-_-;)。

もー、やる事沢山あるんだから2曲も宿題ださないでよおお。(>_<)
森歌 輝 獲に熊 無裸4 無裸元禄 局曲・・ はあ。 
[PR]

by violatsubone | 2009-01-10 13:00 | ビオラレッスン