東京アカデミーオーケストラ ロシアンコンサート

c0102375_2391949.jpg
「11月は4回本番なんですよー」と、Fオケ新トップのどしゅ様がのたまふ。TAOに出るのですね、TAOは是非聴きたい。トップ経験者ばかり、ヴィルトォーゾな方々が集まった「指揮者なんていらないわ」オケ。本日はロシアンな曲ばかり。珍しそうだなあ。ロビコンもDSQ(つぼね的にはどしゅかる)がやるそうで。何番やるのかな。「うーん、1番かなあ」と、この演奏会の2週間くらい前につぶやいていた。要するに決まって無かったってことね。結局、2番よい1楽章、それとポルカ、とのこと。作曲家の名前はいわずもがな。相変わらず凛と音が立つストバイのG氏は本番のDSCH曲はコンマスである。曲目解説も書いている。他、泰然自若のタッピングRN氏、要Jに似ているM氏。皆、緊張感のキの字も感じさせず楽しげに弾いていた。例によって噴水の様に弓が高々と回る。楽器が派手に上下する。呼吸も弓の使い方も音の出し方もぴったり、男同士こんなに息が合ってどうすんねんとつっこみたくなる(笑)プロでもアマでもそうだが、何年もやっているアンサンブルって演奏者同士愛を感じるのよね。うーん、まあ、誰と誰がどうというわけではないが。
ロビコンを堪能した後、舞台の本番。
そしてまたショスタコーヴィチ。弦と木管の為の交響曲へ長調(SQ3番の編曲)
作曲家の弟子というバルシャイとかいう人が、SQを編曲したのだそうだ。師匠の曲編曲するなんて大胆な弟子だな。まあ合意の上らしい。相変わらず表情が豊か。諧謔的な明るい箇所があるかと思うと、ずずーんと重いところがある、統一されてるんだかされてないんだかというのが逆に魅力か。今回の曲の中でTAOに一番あっていたかも。
c0102375_32198.jpg
チャイコフスキーの組極大一番(なんつう怖い変換だ orz)もとい 組曲第一番。
知ってる?しらん。
あまり計画性の無い小曲の集まり。こちらも色々拍子や調性が変化し、適度にゆるさもあり退屈しない曲だ。TAOにチャイコの浪花節は似合わんだろうと思ったが、この組曲はそこまで重くて暗いものはない。お気軽チャイコ。TAOの澄んだ音(音程がぴったりってこと)で、すっきりしたチャイコだった。
メインはチャイコの弦楽六重奏曲「フィレンツェの思い出」の弦楽合奏版。この曲のコンミスは、白眉だった。座るなり、「わたしがコンミスよ」といわんばかりの強烈な音で桶をひっぱる。
TAOはどうしても理知的、精緻、というイメージがあるので、どうやって歌うのだろうと思ったが、やはりTAOらしく、透明感のある、田舎臭さとしつこさが無い垢抜けたチャイコだった。4楽章のvivaceはTAOが大得意の新幹線プレイ。やはり一度はこの「芸」をみなくっちゃ。超特急で一糸乱れず弾き切るのだ。大変失礼だが、もう曲芸の域なのではと思ってしまう。どんなに速くても、音程もリズムもぴったりと合い、非常に澄んだ音で疾走することができる。(Fオケレベルだと、勢いに任せて走りすぎたり、音程まで合わせる余裕ないのでわやわやとにごりが生じる。)
贅肉の少ない、相変わらずタイトな演奏をするTAO。チャイコは私はもう少し余分な浪花調や緩い箇所もあっていいかと思うし、脂肪がついた演奏を聴きなれているので多少違和感無きにしも。でもこれが個性なんだと。今回も満足させていただいた。
ところでプログラムに書かれていた、コミケ75に出店って・・・?コスプレしてCD販売するのでしょうか????
[PR]

by violatsubone | 2008-11-16 15:00 | 音楽鑑賞