Dオケ。お歌の練習

c0102375_12293748.jpg
参加するといったのに、全然練習していない森のクマさん、じゃなくて森の歌。兎に角行けるときに行かないと、というので参加した。最初のプリントでは17時からとなっていたから昼間ちょっとさらおうかとおもったが、記憶に引っかかるものがあり、メールやWEBで確認したら13時だった。やばし。さらうもなにも、まずもって呑みすぎしゃべりすぎで声が出ない。前回参加時は風邪で声が出なかった。お歌うたいは体調&呑み管理がオケ以上に大切(いやオケは呑みの管理などしないか)ということを痛感した。
さらってないので当然速いところのロシア語は口が回らん。子音が多いんで発音しにくいのだ。
実は歌っている時間はトータルで20分程らしい。とても長く感じたのはわかっていないからだろう。Fオケ終わったらロシア語発音勉強しなくては。でも私巻き舌下手なのよね。そういえば昨日のソリスト、みな凄い巻き舌上手かったな。tremenda・・・のreが凄かったわ。

休憩時間に水を求めて上の階にいった。歌かHrか迷ってHrで出ることにした豆柴さんから「つぼかるの調子は如何ですか?」と聞かれた。まるで天気の話でもするように・・。
シベリアフィル、恐るべし。

FおけTbのRでが、昨日「あすたまにあーな」といったはずなのに、いない。
Zam子は寝坊したのだという、私は絶対時間間違えたのだと主張した。何故なら私が間違えそうになったのだから、誰かは実践してほしかった(笑)からだ。

終了後、植林(オケと合唱の間を調整する役目)な方々と、飲みに行く。噂の養老の滝。
しかるにこの日はタコ十が無かった。
ここにRで子が現れた。とても可愛らしい格好をしている。Tbの時には着られないので好きなファッションをしてきたわけだ。聞いたメゾンの名前もブラックで素敵だった。そしてTbの時には呑めない甘い飲み物も買ってきて、準備は万全だった。しかし17時に練習場の扉をあけたら、おっさんだけしかいなかったのだという。なんとかグリークラブみたいな。
おっさんもびっくりしたであろう。喜んだことであろう。
ショックを多少は受けているRでをつつきながら呑み始める。Fおけの呑み会は参加しないので彼女と呑むのはスキー以来?。
途中で彼女に電話がかかる
「え?今夜中に作曲っすか?はい、わかりました。では24時にかえって28時にお届けします。で、シチュエーションを教えてください。」
なんでも24時間で映画を作ろうという同人会があり、その映画の音楽の作成を頼まれたんだそうな。ふおお。4時間ですか。目をまんまるくしてきいている我々。
「探偵?女の子をつける探偵ですね。」
「そりゃストーカーじゃんか」(ぼそっとYev氏)
「で、爆弾魔の話ですね」
どーゆー音楽が出来上がったのだろう。
[PR]

by violatsubone | 2008-11-02 13:30 | おけすとら